サイトマップ お問い合わせ
[ 1 ] / [ 2 ] / [ 3 ]
サクラサクNB
デビューから11年目の今年。
ついに生産終了が決まったニュービートル。
有終の美を飾るべく「プライムエディション」という限定モデルが発表されました。
その発売記念と、今までの感謝の気持ちを込めてサクラ色のニュービートルが桜の開花に合わせて日本を北上。
最後のNB公式イベントに参加すべく、海を渡り福岡まで行ってきました。
無事に逢えるかなあ。
マリノアシティの観覧車をバックに

■最後のニュービートル

センセーショナルなデビューから今年で11年目を迎えるニュービートル。
愛らしいスタイルで見る人を魅了してきたこのクルマも、ついに年内での生産終了が正式に発表されました。
そして最後の限定モデルである『ニュービートル プライムエディション』が発売。その記念と、これまでニュービートルを応援してきたファンへの感謝の気持ちを込めて最後のご挨拶。



装備の充実した「最後の」ニュービートル限定モデル。


全国の桜の名所に立ち寄りつつ北上するというイベント『サクラサクNewBeetle-The Happy Last Run.』 が開催されました。
イベント数日前にはイベント公式サイトも立ち上がりそのスケジュールが記されていました。
が、どうやら今回は中四国への立ち寄りはない模様・・・。
今回は残念ながら、ネット越しに写真でしかその姿を見ることが無いのか・・・。


公式サイト予告ページ 「サクラサクニュービートル」の姿はまだ非公開

・・・とは思ったものの、最後の公式イベントをあきらめきれるわけがない!
ということで、キャラバンのスタート地である福岡を目指してさっそくフェリーに乗り込みます!w



行ったるでー!

いざ乗船 松山港を後にします

松山観光港を21:55に出発するフェリーは、翌朝5:00に小倉港に到着します。
久しぶりの船旅に若干テンションもあがりつつ夜は更けていくのでした。


■夜明けは遠い

ボクたちを乗せたフェリーは早朝5:00に小倉港に着岸。
他の乗客の皆さんも眠い目をこすりながらそれぞれに船を降りて行きます。



まだ寝静まっている小倉の街

ひとまずコンビニで朝食を買い込んで出発。
福岡市内を目指します。

パン屋さんはまだ開いてませんでした・・・; 夜明けの国道3号線をひた走ります

小倉から福岡市内まではクルマで約1時間半。
走っているうちにどんどん回りも明るくなってきました。
そして予定通り7:00頃、福岡市内に到着。



中州の象徴(?)ホテル イル・パラッツォ

はりきって到着はしたものの、まだ時間が早すぎてどのお店も開いてない・・・;
まずは市内の中心部をウロウロするつもりだったのですが、予定を変更してベイエリアを攻めてみることにしました。


■福岡ベイエリア

陽も昇りだいぶ暖かくなってきたので、幌を開けオープンクルーズ。
まずは西区にあるアウトレットモール『マリノアシティ福岡』にやってきました。



まるで外国のような賑やかな外観

2000年にオープンしたこの施設は、九州初の本格アウトレットモールで、今では九州最大級になっています。
遠くからでも良く目立つ2つの大きな観覧車が目印です。



大きな施設です。

さすがに休日とあって、オープンと同時に広い駐車場もあっという間にクルマでいっぱい。
カップルや家族連れなど、様々なお客さんたちでずいぶん賑わっていました。



見所満載の広い施設

ちなみにこの施設のすぐ隣には『ノートルダム マリノア』という、これまた素敵な結婚式場があります。



スタッフさんにお断りして記念撮影

奥さんと娘の手には、なんだかずいぶん紙袋が増えてたような気がしますが、あまり気にせず、すぐ近くにある『ホークスタウン』に向かってみることにしました。

→ ベイエリアから博多へ
>> ログ一覧へ [ 1 ] / [ 2 ] / [ 3 ]
Copyright(c) 2006 NewBeetle Fun Meeting in EHIME All rights reserved.
inserted by FC2 system